« デイ・アフター・トゥモロー | トップページ | カール手羽先味(名古屋) »

2004/06/20

世界の中心で、愛をさけぶ

お台場のシネマメディアージュ、シアター7で見てきました。
18:50の回。
結構そこそこ劇場は埋まっていたと思います。

友達が原作本を読んで「私も私のまわりの人たちも、泣けなかった(一粒たりとも涙を流さなかったくらいの勢い)」というコメントをくれたので、「泣ける作品」だと言われながらも「本当に泣けるのか?」と思いながら見に行きました。
だけど泣いちゃったなぁ。
ウルウルどころか、じわじわぁ~って目に涙がたまって、ポタポタ落ちる、みたいな。

実は私、泣いて見終わった後に「泣いた?」とか言われるのがすんごくイヤなので、必死で涙をこらえてたけど、泣いちゃいました。弟を亡くしているので、何となく(シチュエーションは違うけど)身近な人の死がオーバーラップしちゃうのもあるかも。

それにしてもエエエエェエエエエェェェェッ、まさかこんなオチがあるとは!?という感じでした。
写真館のところで柴崎コウが「私、2人の約束を奪っちゃったんです」みたいなセリフで気づきました。
そうだったのか。
はじめて柴崎コウが出てきた時から、何で片足ひきずってるんだろ?とは思ってたんだけど、そういうことだったのカッッ。

若い子たちの演技にもそれほど期待してませんでした。
だけど、長澤まさみ&森山未来の2人のコンビもよかった。長澤まさみのしゃべり方がまた、可愛ぃんだよねぇ。森山未来も大沢たかおに似てて(顔とかが)いい味出してます。
で、2人のpureな恋愛が何とも言えず甘酸っぱくて(私にはこんな時期ってあったのかなぁ~)。

好きな人の死。
過去を消化できず来てしまった時の、新しい未来へのひきつぎ。
それが、本当に妙な縁でうまく消化(山崎努は"後かたづけ"と、セリフで言ってますが)できるストーリー。

この映画を見た後は「どこで泣けるか」で、友達と盛り上がること?間違いなし、です(笑)。
ちなみに覚えている限りでは、「私の病名は白血病です」と、カセットで告白するシーンと、柴崎コウが写真館で「忘れられたくない」と2人で取ったウエディング写真を見たシーン&その写真を撮ってるシーン(サクがトイレで泣いてた?)、飛行場で「助けてください!」と叫ぶシーン。
3つのシーンで必ず泣けると言われてる映画です(爆)。

おすすめ度 ★★★★☆ ←思いきり泣きたい時に。でも「アンドリュー」には負けるかも。
泣ける度 ★★★★☆ ←劇場中からすすり泣き。
満足度 ★★★★☆ ←見終わった後も泣ける場所論議ができます。


世界の中心で、愛をさけぶ←サイトは7月30日まで掲載
5日8日より全国ロードショー(東宝)

« デイ・アフター・トゥモロー | トップページ | カール手羽先味(名古屋) »

映画&TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、愛をさけぶ:

« デイ・アフター・トゥモロー | トップページ | カール手羽先味(名古屋) »