« 円錐切除手術のために準備するもの | トップページ | 升本 彩〜いろどり〜 »

2013/07/09

入院当日の流れ

慶應病院に入院する場合、前日に事務の方から電話連絡があります。
そのとき「XX時までに12番窓口までいらしてください。」と電話があるので、心の準備と、出発時間の確認をしましょう。

わたしは10時までに入院受付に来てくださいと言われたので、9:30頃行きました。
窓口で手続きが終わると病棟へ行くように言われます。受付時に受け取った書類(同意書の患者控え)を持ってナースステーションへ行き、看護士さんの指示に従います。
ベッド引き渡し時間は10時のようですが、その前でもベッドが空いていれば、すぐに自分のベッドへ行くことができるようです。

1、12番窓口 入院受付
健康保険証、診察券、限度額適用認定証、各疾患の医療券、入院のための書類(同意書)一式を持参。
※婦人科系の入院でも、入院中は他院処方のお薬は院内処方になります。他の疾患でも医療券は必要ですのでお忘れ無く。

    ↓

2、婦人科病棟のナースステーションへ
看護士さんが自分のベッドへ案内してくれます。
はじめての入院だったとしても、看護士さんは結構事務的です。わからないことはその場で聞くのがいいと思います。

    ↓

3、自分のベッドへ
退院まではずっと自分の空間なので、キレイに整理しましょう。
主治医の先生からすぐにオペの説明がありましたが、先生の都合により、いつ説明をされるかはわからないみたいです。
※隣の人のいびきがうるさい!とか色々あるクレームは、看護士さんに伝えると、お部屋やベッドをかえてくれることもあるみたいです


« 円錐切除手術のために準備するもの | トップページ | 升本 彩〜いろどり〜 »

病院のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28712/61563103

この記事へのトラックバック一覧です: 入院当日の流れ:

« 円錐切除手術のために準備するもの | トップページ | 升本 彩〜いろどり〜 »

最近のトラックバック