2005/10/14

熟年離婚(TV)

偶々TVをつけていたら熟年離婚が始まったので、そのまま見ちゃいました。
松坂慶子、太りましたけど、お芝居あんまりうまくないけど、綺麗ですね~。
お母さんがあんなに綺麗だったら、自慢だろうな~。

ストーリー中に高島屋が出てきましたけど。
こないだの土曜日、渡哲也と徳重聡のトークショーを日本橋の高島屋でやってたんだよね。
だからなのね~。
なるほど~、ふむふむ。と、
思いながらも見ました(笑)。


見てるとね、可愛そうなんですよ、お父さんが。
惨めすぎて泣いちゃいました、わたし(笑)。

確かに、家族を顧みず仕事一筋だった旦那さん、意見も聞かず相談もせずにひとりで勝手にいろいろと決めちゃう旦那さんに耐えられない!って気持ちもわかりますよ。
けどさ~、今まで専業主婦で何ひとつ不自由なく旦那さんの収入でやらせてもらってたんだよね?

「わたしだって今まで感謝の言葉を待ってたんです!」なんて松坂慶子が言ってましたけど、感謝なんて言葉にしてもらわなくたっていいじゃないですか。専業主婦なんだから、旦那さんが働いてもってきてくれるお金で生活する。その代わりに旦那さんが快く仕事にでれるように、家事をこなし、子供を育てる。
勿論旦那さんはそこで責任を全て奥さんになすりつけちゃいけなくて、責任は全てお父さんというスタンスでお母さんをフォローしてあげなくちゃいけないと思いますけど(渡哲也は「おまえの教育が悪いんだ!」って松坂慶子に怒鳴ったけど、それはマズイよね)。でもそういうギブアンドテイクというか、もちつもたれつで成り立ってるものだと思うんですよね、夫婦って。
理想論ですか、これ?

それなのに旦那さんが退職したら、一緒に過ごしていける自信がないとか耐えられないとか。勝手なこと言ってるな、と、思うんですよね。
「離婚したらマンションが欲しい。戸建てじゃなくてマンションに住みたかったのに、お父さんが勝手に(戸建てを)買ってきた。」とか「(退職金を)少しは分けて貰う権利はある」なんて言うんですよね。
はい、そこのあなた!我が儘です(キッパリ)!
家もマンションも買ってもらえない主婦は沢山いるんです!
それに退職金をわけてもらえるのは、添い遂げる気持ちがある人だけです!

退職したらハイ、離婚!なんて考えてる人にはそんな権利はありません(私的にということで、世間一般的や法律的には不明)。しかも、離婚の言い出しっぺが、そう都合良く慰謝料貰おうだなんて図々しい。
それに旦那さんが「勝手に」とか「相談もなく」とか言うけど、じゃあ自分から色々主張すればよかったじゃん!て思うわけです。それは団塊の世代のお父さん達には、できないことなのでしょうか?

たかがドラマだし、他人の家庭の話なのに。
お父さんの気持ちがわかりすぎちゃって、松坂慶子に怒りながら(笑)、そしてお父さんに感情移入して泣きながら見ちゃいました。やだわ、この調子だと、毎週見ちゃいそう!?
主婦の方、すいません。
わたし、主婦の立場がわからないので勝手なこと書いておりますが。
怒らないでくださいね。

2004/07/18

裂空の訪問者 デオキシス

有楽町マリオンの日劇2で、「ポケモン」、見てきました。

この映画、前売り券に「オーロラチケット引換券」というのがついていて、それが欲しいが為に「前売券を買ってきて!」と姪にせがまれてたのでした。調べたら(よく考えると当たり前なんだけど)前売券は公開の前日までの販売なので、先週急いで買いにいった叔母ちゃん(私)、まったくもぅ、甘いな~ッ。

わたしには意味不明でちんぷんかんぷんなんだけど、前売券についているオーロラチケット引換券とゲームボーイを指定場所(イトーヨーカドーとか、ダイエーとか、ポケモンセンター)へ持っていくと、映画の主役、デオキシスがゲットできるのだそうです(説明書読んでもぃまいち理解不能)。
で、だから何なの?

そういえば去年はジラーチが貰えたのに、前売券を買えなくて、姪っ子は悲しんでいたっけなぁ。

指定券をとった日(7月12日)には、「初日の舞台挨拶のチケットもとれますよ~」って言われたんだけど、残念ながら土曜の午前中は予定があったのよね(涙←ポケモンの舞台挨拶って誰が出るんだ!?)。
なので今日(日曜)の12:50の回を指定したのだけど、思ったほど混んではぃませんでした。

4/5~3/5くらい埋まってたっていう感じかな。
入場の時にオマケ(先着限定メガネ&コミックと、ゴンベのキーホルダー)をくれるので時間がかかるのと、グッズ売場が混雑して人がはけないので、すごい混んでいるように見えた。

映画の中身は・・・聞かないで(笑)。
だって寝る気満々で見に行って、ずっとボケーーーーッとしてたんだもん。
でも去年のジラーチよりは良かった。
戦いシーンはあるけど平和チックなストーリーだから。

それにしてもアニメだから仕方ないけど、矛盾は多ぃねぇ。一番気になったのは、制御システムがおかしくなって防御ブロック(だっけ?)がポケモンタワーだかなんだかに集まってきてるシーン。あのハイテクタウンの中のどこにあんなにいっぱいブロックが存在するんだろう?とか思ったりして。

あ、それから、今回初めて、ピカチュウが可愛い!と思えたのでした。
プラスルとマイナンも可愛ぃカモ。
キャラクターは学生服を着たリュゥ君も好みだわ(意味不明)。

主役の宇宙からきたポケモン、デオキシスは可愛くも格好良くもない。何であんなのが主役なのか訳がわかんないくらい気持ち悪いです。宇宙人をイメージしたポケモンなのかなぁ?

満足度 ★☆☆☆☆ ←ピカチュウとプラマイポケモンがGood。
おすすめ度 ★☆☆☆☆ ←お子さま連れの方なら、仕方なぃ。


劇場版ポケットモンスター 裂空の訪問者 デオキシス
7月17日より全国東宝系にてロードショー
前売券3枚買って、姪が1枚、弟が1枚オーロラチケット引換券を使うと、1枚余るんだけど(勿体ない)。これって、前売券買いそびれちゃった子のためにヤフオクとかで売れるのかしら?(でも売っちゃいけないものだと危険)
夏休みだから学校であげるってわけにもいかないだろぅし・・・。

2004/07/10

スパイダーマン2

スパイダーマン初日プレゼント?
メディアージュのシアター1で、スパイダーマン2初日に見てきました。
14:25の回です。

一番広いシアターなのにほぼ満席(但しMATRIXほどではない)。

入る時に英語版のマンガ小冊子(公開記念、限定スペシャルコミック。右写真)を貰いました。
あと、初日?アンケートにも答えたら、キーホルダー(右写真)頂きました。...てぃうか、要らないんだけど。大切に保管しておいたらそのうちヤフオクかなんかで売れるでしょうか!?

何となくなのか、そういう演出なのか、前作よりもトビーが格好良く見えます。
でも相変わらずトビーは格好良くないです(好みの問題ダな???)。
出番は少ないですが、ジェームズ・フランコの方がずっと格好良い(ギャー、そういえばソニー終わってしまった!涙)。

それから、電車のシーンで、倒れているスパイダーマンを見つめる乗客の1人、スパイダーマンの足下にいる人がちょびっとだけカッコイイです。

何を隠そう(私の映画日記を見てた方はご存じのとぉり)、小さい頃TVでスパイダーマンを見て「スパイダーマン」になりたかった私ですから、今回も満足しなかった筈がありません。いつもの"なりきり鑑賞モード"で、疑似スパイダーマン体験をしてきました(笑)。だから倍、疲れました。

今回のストーリーはDr.オクトパス(オクタビアス、だっけ?)についた人工知能を持った手がとても惨殺的で、ちょっと子供には見せたくない感じだったし、それもあって余計疲れたかな~と思う。他の暴力的映画と比べれば、全然そういうシーンも少ないとは思うんだけど。

まぁそれでも、何故かウルウルしながら見ていたわたしでありました(爆)。
きっとあの終わり方だと続きがあるんだよね!?早くみたいなぁ、続き!

今回のMyキーワードは「水のように流す」と「選択には犠牲もある」です。なんかそれっぽぃセリフがあったけど、両方とも忘れちゃいました。

おすすめ度 ★★★★☆ ←Yahoo米もA-評価つけてマス。
泣ける度 ★★☆☆☆ ←何で泣くかなぁ、というツッコミは、ナシ!
満足度 ★★★★☆ ←意味なく高評価デス。


■スパイダーマン2
7月10日より東宝洋画系にてロードショー(アメリカは6月30日から)

2004/06/20

世界の中心で、愛をさけぶ

お台場のシネマメディアージュ、シアター7で見てきました。
18:50の回。
結構そこそこ劇場は埋まっていたと思います。

友達が原作本を読んで「私も私のまわりの人たちも、泣けなかった(一粒たりとも涙を流さなかったくらいの勢い)」というコメントをくれたので、「泣ける作品」だと言われながらも「本当に泣けるのか?」と思いながら見に行きました。
だけど泣いちゃったなぁ。
ウルウルどころか、じわじわぁ~って目に涙がたまって、ポタポタ落ちる、みたいな。

実は私、泣いて見終わった後に「泣いた?」とか言われるのがすんごくイヤなので、必死で涙をこらえてたけど、泣いちゃいました。弟を亡くしているので、何となく(シチュエーションは違うけど)身近な人の死がオーバーラップしちゃうのもあるかも。

それにしてもエエエエェエエエエェェェェッ、まさかこんなオチがあるとは!?という感じでした。
写真館のところで柴崎コウが「私、2人の約束を奪っちゃったんです」みたいなセリフで気づきました。
そうだったのか。
はじめて柴崎コウが出てきた時から、何で片足ひきずってるんだろ?とは思ってたんだけど、そういうことだったのカッッ。

若い子たちの演技にもそれほど期待してませんでした。
だけど、長澤まさみ&森山未来の2人のコンビもよかった。長澤まさみのしゃべり方がまた、可愛ぃんだよねぇ。森山未来も大沢たかおに似てて(顔とかが)いい味出してます。
で、2人のpureな恋愛が何とも言えず甘酸っぱくて(私にはこんな時期ってあったのかなぁ~)。

好きな人の死。
過去を消化できず来てしまった時の、新しい未来へのひきつぎ。
それが、本当に妙な縁でうまく消化(山崎努は"後かたづけ"と、セリフで言ってますが)できるストーリー。

この映画を見た後は「どこで泣けるか」で、友達と盛り上がること?間違いなし、です(笑)。
ちなみに覚えている限りでは、「私の病名は白血病です」と、カセットで告白するシーンと、柴崎コウが写真館で「忘れられたくない」と2人で取ったウエディング写真を見たシーン&その写真を撮ってるシーン(サクがトイレで泣いてた?)、飛行場で「助けてください!」と叫ぶシーン。
3つのシーンで必ず泣けると言われてる映画です(爆)。

おすすめ度 ★★★★☆ ←思いきり泣きたい時に。でも「アンドリュー」には負けるかも。
泣ける度 ★★★★☆ ←劇場中からすすり泣き。
満足度 ★★★★☆ ←見終わった後も泣ける場所論議ができます。


世界の中心で、愛をさけぶ←サイトは7月30日まで掲載
5日8日より全国ロードショー(東宝)

2004/06/16

デイ・アフター・トゥモロー

有楽町マリオンの日劇1、18:50の回に見てきました。
半分欠けるくらい劇場は埋まってましたが~、オジサン率高し。

ぃやもぅ、オジサンマニア(他称)な私にはデニス・クエイドがたまりませんッ。ステキ☆ もぉ、カレだけが出ていればいぃ~、という感じ(言い過ぎ!)。

この映画による自然災害は、地球温暖化が原因で、いぃんでしょうか。
地球温暖化って、もう20年以上前、小学校の頃に「将来地球温暖化にならないように(その頃言われていたのは海水の水位が上がるとか、気温が上がる、程度だった)、オゾン層を破壊するフロンガスは使わないように」とか運動していた気がします。

だから、怖かった。

過去、そうならないようにと言っていたのに(=予測はできていたのに)、やっぱりなってしまぅであろう予想できなくもない近未来(=人が"楽"をして失った自然)。
これからもこういう状態にならないとは言い切れない現在。
もう少し慎ましやかに、自然と接しながら生活したいと思い直すのでした(でも日々また便利さに流されてしまぅんだろぉな)。

一瞬にして凍り付いてしまう世界、水浸しで河のようになってしまぅ道路。
本当に、こんな世界になってしまったら?と思うと、怖くて仕方ないです。
でも歴史や環境などが繰り返し生まれ変わっている過去を見ると、こういう未来になってしまうのも遠くはないのかもしれませんね(意味不明)。「そのときあなたはどこにいますか?」という映画のキャッチフレーズだけど、本当に、「この時私はどこにいるんだろう?」って思いながら見ました。
もしかしたら私の死んだ後に起こるのかもしれないけど。

やっぱりアメリカの映画は、日本映画と違ってスケールが大きいので、見応えがあります。
だからアメリカで評価されるとCでも日本で見るともう少し評価がいぃと思う。
日本映画では不可能なスケールだから(Gジラのスケールで作られたら評価落ちるでしょぅ?)。
自然災害の縦軸ストーリーに、ジャック教授&サムの家族愛の横軸が絡んでくるので、狭い範囲のわかりやすいストーリーだったと思います。が、これが本当に起こりうることなら、様々な沢山の横軸が絡んでくるわけで、そうなるとどんなストーリー&結末になったのか?と、想像するのが面白いです。

そうそう、どこにでもあることだなと思ったのが、一番はじめに気づいたジャック教授の話を誰も聞いてくれなかったこと。
職場でもよくあるけど、一番最初に気づいて言っているのに(私に影響力や説得力がないということもあるけど)誰も相手にしてくれなくて、しばらくしてから「やっぱりそうだった(だからこうしていこぅ)」とか。その時にやっぱりとか言っても遅んだってばサ。

ローラ(エミリー・ロッサム)が破傷風?になっちゃうのも(外で外人を助けに行ったとき、危ないなぁ~って思ったんだよね)、ルーシー(サラ・ウォード)がギリギリまで助けに来てもらえないのもお約束ですね。
まぁ細かい事を言い出せばキリがないけど、スケールだけで楽しみましょぅ。家のDVDで見たら、もっと評価は落ちるかも(笑)。

おすすめ度 ★★★★☆ ←Yahoo米はC+評価だったなぁ。
泣ける度 ★☆☆☆☆ ←実はなんとなくウルウル来た。
満足度 ★★★★☆ ←いやはや、反省しました。


デイ・アフター・トゥモロー
6月5日よりロードショー(アメリカは5月28日から)

2004/06/03

下妻物語

シャンテシネ3で見てきました。
19:35の回。
水曜だからレディースデーだけど、だからといって平日の昼間なのに満席。

小屋が小さいからなの???
こんなのって、あり?

実は"下妻"は思ってたより人気で、初日に見ようかとチャレンジしたのだけど、丁度舞台挨拶と重なっちゃって、シャンテシネ前はすごい人・人・人。挫折して違う映画を見たのでした。

一言で言わせていただくと、バカにして見ちゃダメです。
アホなだけの映画だと思って見ちゃダメです。
泣きます、笑います、そして感動します。
1800円返せ(私はJCB割引で¥1500で見たけど)とは言わせません、絶対(笑)。

私も「ロココ時代のおフランスに生まれたかった」なんてのんびり言ぃながら見る映画でもないです。
イヤ私も「ロココ時代のおフランス」に生まれられれば(もち貴族として)生まれたかったけど(マジメ)。あのフリフリのベイビーのお洋服も着たい(ぉいぉい、年考えろってば)。
丁度高校生の頃、ジェーン・マープルのお洋服に憧れてたんだけど、あぁぃぅ系だよねぇ?

土屋アンナってNHKのイタリア語講座に出てくる、ハーフなのに英語がしゃべれないイタリア語がヘタな、スレてそうな女の子でしょ?って認識で見に行ったんだけど。彼女ってモデル出身なの?実は結構、以外と(いや、以外とってのは失礼だな)可愛い。
ファンになっちゃぃそぅ(笑)。
そして深キョンも。ただ足がデカイ和田アキ子の後輩なだけではなかった。すんごいいぃ味出してるじゃん。素っ気なさとか、イメージピッタリ。キャスティングした方、すんばらすぅぃです。

いやはや、それにしても。
私、下妻って知らないんだけど、本当にジャスコしかなくて畑なの?とか思っちゃう。ちょっと下妻をバカにしてはいないだろぅか。
ソレが心配でした(笑)。
そして未だに暴走族っているの?(どうやらいるらしい。最近、清澄通りをブィブィ言わせてる族の方々、うるさいから勘弁して) あんな格好(ヤンキースタイルね)してる人、いるの?
今時ヴェルサーチ、しかもニセモノなんて、売れんの???
ハテナだらけにはなりますが、何も考えずに笑って、泣いて、感動しましょぅ。

おすすめ度 ★★★★☆ ←期待しないで見に行くと尚良し
泣ける度 ★★★☆☆ ←毒気のありそうなイチゴに泣ける
満足度 ★★★★★ ←少林サッカー並(意味不明)


下妻物語
5月29日より全国東宝洋画系ロードショー

2004/05/29

あなたにも書ける恋愛小説

日比谷スカラ座2の15:15の回で観てきました。
下妻が観れずにこっちにしたワケですが、ラブコメ(でいぃんだよね?)好きな私としては、このチョイスも満足♪ 劇場はそれほど混んでもなかった気がします。
半分埋まってたかな~?くらい。
だけどこのスカラ座2は両端に通路がないので、後方中央通路側は激戦区です。

さて。
この映画、他の映画に押されていてイマイチピンと来ない人が回りに多くいましたが、一応、ケイト・ハドソン(偶に冨永愛かと思う、笑)とルーク・ウィルソン(ウィルソン兄弟の中では多分一番好きよん)の映画ですよ~。
ケイト・ハドソンは、マシュー・マコノヒーと共演した10日間で上手に男をフル方法よりもずっとハマり役だと思います。
なんとなくケイト・ハドソンてお堅い雰囲気があるじゃない?

さて。
ストーリーはまず「ありえな~いッ!」ていう感じではあるので、感情移入てのが難しい映画。
だけど、細かいところで笑えます。エマがアレックスの小説書きを手伝うようになってから、小説を映像化したシーンがいっぱい出てくるんだけど、その辺で笑ってください。ケイト・ハドソン扮するドイツだったかスウェーデン人だったか、とにかく金髪おかっぱのメイドがオセロの松嶋尚美に似てるの~。
その他メイドの役もケイト・ハドソンがやってるんだけど、演出なんだと思いながらも、そのわざとらしさに笑っちゃいます。この小説の映像化が本筋のストーリーと重なってくとなんとなく初めてしっくりくる、そんなストーリーでした。
だけど、微笑ましい、あったかい気持ちになれますよ~。

アレックスとエマが色々と問題をこなしながらも仲良くなっていって、終わりかと思いきや、パっと出(といってもエマよりも付き合いが実は古い)のライバル(ソフィー・マルソー)が出てきて、ドタバタあった末、やっぱりエマとアレックスが結ばれます。
結末がだいたい予想できるから安心してみれるけど、まぁ個人的には、ライバルとアレックスがくっついたら面白かったんじゃないかとか思ったりして(笑)。

それから、エマがアレックスと出会って仲良くなっていけばくほど、エマの服装(衣装)が変化していきます。
お堅いスーツから、ニットやラフなシャツとか。
この辺の変化も可愛いですよ~。
ちなみにアレックスは貧乏な設定なので、お部屋も汚いし、衣装もあまり楽しめません(多分)。
実はこのストーリー、トルストイの人生とかぶってるのだとかぃうコメントをどこかで見ました。

なるほど、有り得ないって思ってたけど、こういう人生を歩んだ人もいるわけね。

気張って見に行くほどではなく、時間があったら見に行ったら?くらいのおすすめ度。ラブコメが好きな人へは、個人的には「ジャスト・マリッジ」や「アップタウン・ガールズ」(この比較が意味不明...それも両方ブリタニー・マーフィー出てるし)より疲れずに観れますよ、て感じです。

おススメ度 ★★★☆☆
満足度 ★★★☆☆ ←Yahoo米では"C-"評価


あなたにも書ける恋愛小説
5月22日より順次ロードショー(アメリカではALEX AND EMMAで2003年6月20日より)

最近のトラックバック